日の丸文庫

日の丸文庫(ひのまるぶんこ)は、かつて大阪市中央区に所在していた日本の出版社、もしくはそこで出版されていた漫画単行本レーベル。劇画のルーツといわれる漫画短編集『影』を出版していた。当時人気があった貸本漫画の西の雄として知られ、多数の有名劇画家・漫画家を輩出した。天理大学外国語学部を卒業した山田秀三が弟の山田喜一と共に1951年に創業。スイカ3個を元手に創業資金を集めたという逸話がある。当初の名前は東洋出版社であった。1953年末から八興、後に光映社、光伸書房と社名を変える。

「日の丸文庫」の漫画・コミック作品一覧