鶴書房

株式会社鶴書房(つるしょぼう)は、かつて存在した日本の出版社である。旧社名田中元文社(たなかげんぶんしゃ)、株式会社ツル・コミック社の前身。実務書の他にもSFシリーズや、漫画創世記に漫画を発行、さらにピーナッツを刊行、その後ホロスコープ(星占い)を大ヒットさせた。ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』やE・R・バローズの「火星の合成人間」 など、主に少年向けの海外冒険・SF小説の翻訳・出版を行っていた。1952年(昭和27年)6月10日、「漫画と読み物」(新生閣)で連載された手塚治虫の「新世界ルルー」の第一巻「きえた秘密境」を出版。同年8月10日には藤子不二雄(当時は足塚不二雄)に「最後の世界大戦」(のちに「UTOPIA 最後の世界大戦」に改題)の発行を手塚治虫の紹介で要請。翌年1953年に刊行(藤子にとってはこれが初の単行本)するなど、戦後日本の漫画史において重要な役割を果たす。

「鶴書房」の漫画・コミック作品一覧