少年画報社

株式会社少年画報社(しょうねんがほうしゃ、英語表記:Shonen-gahosha Co., Ltd.)は、主に漫画を出版している日本の出版社。本社は千代田区三崎町。 現社長は戸田利吉郎(2013年4月時点)。創業者の今井堅により、1945年(昭和20年)10月に「明々社」 として設立される。自動車教習書や英会話書を発行していた。設立直後に刊行した『黄金バット』の30万部ヒットにより、1948年(昭和23年)に『冒険活劇文庫』を創刊、1950年(昭和25年)に『少年画報』と改題。1956年(昭和31年)に、社名を「少年画報社」に改称。『少年画報』は、『赤胴鈴之助』(福井英一・武内つなよし)、『まぼろし探偵』(桑田次郎)、『赤ん坊帝国』(高野よしてる)、『マグマ大使』(手塚治虫)、『怪物くん』(藤子不二雄)などの漫画作品を掲載。竜の子プロダクションの創設者として知られ『少年忍者部隊月光』ほかを執筆した吉田竜夫などを輩出した。1958年(昭和33年)の絶頂期には80万部を発行、実売99.8%を売ることがあったが、1971年(昭和46年)に休刊した。

「少年画報社」の漫画・コミック作品一覧