彼女が公爵邸に行った理由

『彼女が公爵邸に行った理由』(かのじょがこうしゃくていにいったりゆう、韓: 그녀가 공작저로 가야 했던 사정、英: THE REASON WHY RAELIANA ENDED UP AT THE DUKE'S MANSION)は、Milchaによる韓国の小説およびこれを原作とする漫画(ウェブトゥーン)作品。韓国ではカカオページで2016年9月19日から2018年6月18日まで小説として発表されたあと、2017年9月3日から2021年3月22日までコミカライズ版が連載された。日本ではピッコマにて小説とコミカライズの日本語版が併せて配信されている。

2015年2月18日、冴えない浪人生として暮らしていた花咲凛子は、志望大学に追加合格したという通知を受けた直後、何者かによって突き落とされ、転落死するという最期を迎える。だが目が覚めると、彼女は自分が生前読んでいたファンタジー小説の世界にいること、そしてその小説の登場人物の一人であるレリアナ・マクミランに転生していることに気付く。小説の中のレリアナは貴族の令嬢であり、しかも婚約者に暗殺される運命にあることを知っていた彼女は、この世界で強い権力を持つチェイモス王国の王位継承者ノアボルステア・ウィンナイトに取引を持ち掛け、6か月間だけ婚約者のふりをしてもらう。かくしてレリアナは、ノアボルステアの婚約者として彼の屋敷で暮らすことになる。

武闘会でレリアナを巡り、剣を交えるノアとジャスティン。レリアナはシアトリヒに二人を止めるよう懇願するも、「どちらか一人を選べ」と選択を迫られてしまう。その最中、小説にはなかった爆破テロ事件が発生し、場内は混乱の渦に──。更なる爆発を阻止するため、レリアナは銃を片手に奔走するが...!?ノアのピンチで二人の想いが繋がる第10巻!!

 ▼ 情報(Information)
作者Whale/Milcha
出版KADOKAWA
掲載カカオページ、 ピッコマ
レーベルFLOScomic
刊行期間2017年9月3日 - 2021年3月22日[6]、 2018年10月26日[7] - 2021年5月[8]
ISBN(1巻)9784040659039
ISBN(11巻)9784046836779
最新刊11巻
 ▼ 言語(Language)
EnglishWhy Raeliana Ended Up at the Duke's Mansion
中文她去公爵家的理由
FrançaisComment Raeliana a survécu au manoir Wynknight
한국어그녀가 공작저로 가야 했던 사정
EspañolKanojo ga Kōshaku-Tei ni Itta Riyū
Japanesekanojoga koushakuteini ittariyuu
0

最新刊(外部サイト)Supported by 楽天ウェブサービス

彼女が公爵邸に行った理由(11)
彼女が公爵邸に行った理由(11)
2024年06月05日¥1078(税込)
他の関連商品
も表示する

似ているジャンルの作品(Works of similar genres)

新刊ランキング(Ranking)

1位 ミステリと言う勿れ(14)...

ミステリと言う勿れ(14)[ 田村由美 ]
累計1900万部突破!大ヒット作最新刊 とある事件の取り調べを通じて、整と知り合った大隣署の刑事・池本。<br /> あ...

2位 転生したらスライムだった件...

転生したらスライムだった件(26)[ 川上泰樹 ]
開国祭二日目。<br /> メインイベントである武闘大会の準決勝では、ゴブタ対謎の獅子覆面(ライオンマスク)の対決が始ま...

3位 呪術廻戦 27 (ジャンプ...

呪術廻戦 27 (ジャンプコミックス) [ 芥見 下々 ]
ジャンプコミックス 芥見 下々 集英社ジュジュツカイセン アクタミ ゲゲ 発行年月:2024年07月04日 ページ数:1...

4位 ONE PIECE 109...

ONE PIECE 109 (ジャンプコミックス) [ 尾田 栄一郎 ]
ジャンプコミックス 尾田 栄一郎 集英社ワンピース ONEPIECE 109巻 109 110 最新 最新号 最新刊 わ...

5位 マチネとソワレ(15)[ ...

マチネとソワレ(15)[ 大須賀めぐみ ]
兄貴のとこまですぐに行くから…!! 暴走するアティカスの前に立ち塞がる御幸…そしてついに!!<br /> 激情ほとばしる...

6位 転生したら序盤で死ぬ中ボス...

転生したら序盤で死ぬ中ボスだったーヒロイン眷属化で生き残るー 4巻[ 稲下竹刀 ]
事故に遭って目が覚めたら、ゲームの序盤で死ぬ中ボスに転生!やがて襲ってくるはずの勇者に殺されないために、××して女たちを...